30年 12月 394号 表面

    〘 三方よしから四方よしの善を 〙

 九月に津山で開催された生涯学習セミナーの前田講師

のお話の一つは「道を歩いているとガムを口からポイと

捨てる子に出会った。あれっと思ってその子を見ると目

が合った。その子はちょっと気にした様子。そこで私は

これは注意すべきだと直感。その子にガムは紙に包んで

捨てなきゃ、そのガムが靴について困る人がいるのよ、

今日はおばさんが紙に包んで捨ててあげるからと言って

捨ててあるガムを拾って紙に包んで自分のカバンに入れ

た。その子と話をしながらしばらく歩いた」の話でした。

今の時代は悪いことを見ても他人に注意するのも躊躇

するのが本音。前田講師はその子の様子にこの子は聞い

てくれると思われたようでした。そしてあえて注意した

のはこの子が二度とガムをそのまま捨てるなんてことを

しないようにするためでした。きっとその子は人のゴミ

も拾える子になるでしょうと語っていました。

 もう一人の原講師は「講演の中で私の趣味は人に席を

譲ることです。人に席を譲られた人はきっと誰かに席を

譲るでしょう。それが楽しみです」という内容でした。

そんな話を聞きながら私は思いました。良いことをす

ると、良いことをした自分は気持ち良い、された人も気

持ちよい、私もあなたもハッピーな気持ちになります。

そしてきっとハッピーな気持ちは周りの人へよい影響

を与えるはずです。まさに三方よし、三方善です。

 それだけでなく、された人が他の人に親切にすればこ

んどは時空を超えて親切が広がります。つまりそれは

四方善になります。親が親切にすれば子供はそれを見て

また親切が出来る子になります。その子の子もまたきっ

と善を行うでしょう。時空を超えた四方善のリンクです。

 私達は先人達の苦労努力、善なる心の恩恵を受けて生

かされているのですからその恩恵を次に回さなくてはな

りません。恩返しから恩送りです。四方善の伝達です。

小さなことでも親切をして親切の輪を広げることこそが

世界平和です。『親切をすると健康に良い』『親切は脳に

良い』という本がありますが、親切をするとオキシント

ンというお母さんが赤ちゃんにお乳を飲ませる時に出る

幸せ感のホルモンが出て、自分の体に、自分の脳によい

作用をするといいます。まさに「善は他を救うにあらず

己を救う」、これがモラロジーの推奨する道徳です。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

      〘 元気が一番・健康サロン開催 〙

足腰の痛みや痺れについて学ぶ「健康セミナー」を開催し、

百七十人の参加の皆さんに、大変喜んで頂きました。

私は今までそのセミナーには気楽にして参加していました

がいざ自分が主催するとかなり大変な催しでした。

このセミナーは私個人が引き受けた会でしたが、とても

一人ではできないのでモラロジーの仲間の皆さんに協力をお

願いしました。準備から当日のさまざまな係を一生懸命お手

伝いして頂き、スムースに開催できました。お手伝い下さる

皆さんにお礼をいうと、皆さんから頂いた言葉は次の二つ。

「これも人助けですから」「いつもお世話になっていますから」

私達は日頃から「ご恩返し」「人の役に立つ」ということ

をしっかり学んでいます。「さすが、皆さんその言葉が身に

ついている」と頼もしく、嬉しく、有難く思いました。

 今回私が主催した「健康セミナー」は最前線の現場で多忙

にご活躍の脳神経外科医師達の「健康出前講座」。「首や腰の

痛みや痺れを我慢して辛い生活をしている人達によい情報を

届けたい」という使命感をもってのボランティア活動です。

四年前私はそれを勝田郡勝央町で受けて丁寧に熱心に語ら

れる医師の話に感動で、目から鱗。納得、安心して手術を決

意、すっかり回復しました。痛みに打ちひしがれていた私は

まさにこの会が御縁で人生を取り戻したのです。ですから私

はこの健康セミナーを御恩返しのつもりで開催しまた。

モラロジーは何事をなすにも「動機目的」が大切と言われま

す。「ご恩返し」と「お役に立ちたい」という動機目的での

開催。だからきっと神様や皆さんが応援して下さったのだと

改めて感謝でした。皆様本当に有難うございました。

やはり「健康は一番」、お互いの体験も

シェアして健康情報が気軽に得られる学び

の場「健康サロン」を開催したいと思います。

🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸🌸

『親切は脳に効く』『親切は驚くほど体にいい』

ディビット・ハミルトン著(サンマーク社)

「あなたの健康と幸せは゛お先にどうぞ゛と

言った回数で決まります」

親切の副作用

「自分が幸せ、心臓と血管が強化、老化防止、

よりよい人間関係、親切の連鎖をおこす」

親切の効用

 ① 体に良い

 ② 人間関係によい

 ③ 自分に幸運をもたらす  

 ④ 地域社会に良い、国に良い、人類によい  

 ⑤ 子孫に良い

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

【放談】 〘 美しい日本を取り戻したい 〙

 いよいよ外国人の受け入れが緩和されることになる

ようです。しかし経済協力開発機構の統計では日本の

移民はすでに世界第四位だそうです。日本各地の報道

によると「いつのまにかそんなにたくさんの外国人が

自分の町に住んでいるとは」という戸惑い。それがよ

いか悪いか・・、大量の移民を受け入れたドイツは外

国人による犯罪やテロ、また仕事も移民に奪われて国

民は困っているともいわれています。

 日本では移民を受け入れなければ日本の産業、生活

すら立ち行かなくなっているとか。数年前飛鳥Ⅱに乘

って旅行した時、船の中で働く人の多くが東南アジア

の人でした。汚い、きつい、危ない三Kの仕事をいや

がる豊かな国の現象、今後私達の豊かな生活は誰によ

って支えられるのでしょうか。なんとなく「自分には

関係ない」「誰かがなんとかしてくれる」「今がよけれ

ば」でなく、未来をよくする責任を感じなければ。

 頭で働くエリートの人間だけでなく、体を使い、汗

水流しての労働の価値を認識し、子孫繁栄の意識をも

たなければ、やがて日本はどうなっていくか・・です。

 ハロウィンや花火、祭りのバカ騒ぎの後はゴミだら

け、そんなニュースが度々流れて心が痛む人は多いと

思います。かつてはゴミを出すのが中国人と言われて

いましたが、今中国の観光地はとても綺麗だとか。

そこには常にごみ掃除をしている労働者がいるとか。

勤勉、真面目、正直、清潔という日本人の特徴は何

処に行ったのでしょうか。きれいな街には犯罪が少な

いし、きれいな風景は心も綺麗になります。人に迷惑

をかけない。ゴミを路上に捨てない。そんな初歩的な

道徳心が日本人に薄れているとしたら、情けない!


[PR]

# by nizicanvas3 | 2018-11-29 21:21 | まんりょう

30年 12月 394号 裏面

【偉人先人に学ぶ】〘まぼろしのノーベル賞 〙

日本は今年も医学生理学賞部門のノーベル賞を京都

大学の特別教授・本庶佑(ほんじょたすく・76歳)

オプジーボのがん免疫治療薬で受賞されました。

これで日本人のノーベル賞は二十四人。そのうち医学生理

学賞は四人。そこで今回の記事は一世紀前、まだ日本が近

代国家として歩み始めた明治時代にノーベル賞が受章でき

たかもしれない日本人を紹介します。その人は山極勝三郎。

山極の功績は世界で初めて人工癌の「タール癌」実験をし

て成功させたことです。これが癌の治療にとって非常に大

切な事だったのです。「タール癌」は日本医学会の大きな

誇りですが、なぜか日本ではあまり知られていません。

しかし世界では十分知られていて、アメリカの教科書に

は山極勝三郎の名前が載っているそうです。山極の出身は

長野県上田市。幕末の生まれで、上田藩きっての秀才と大

評判。「世の中の役に立つ仕事がしたい」といつも考えて

いた勝三郎は縁あって、医者である山極家に養子に入り、

医学の道に進むことになりました。(実は極貧の家でした)

立派な医者になる志をもってしっかり勉強していた勝三

郎は自分の子供の死をきっかけに医者ではなく、「病気の

原因や成り立ちを研究して患者の命を救いたい」「多くの

人々を病気から救うにはまず病気の性質や原因を明らかに

することだ」と病理学の研究へ方向転換するのでした。

病理学は縁の下の力持ちのような地味な研究の分野、お

金にもならない仕事に勝三郎を応援した多くの人達が反対

しましたが、唯一人、妻のかねこが応援しました。

明るく大らかなかねこの理解を得て勝三郎は学者の道に

邁進し、ドイツにも留学し、猛勉強をしました。

 勝三郎は主に脚気、寄生虫、癌の研究をしています。

そんな中、三十六歳の勝三郎は肺結核にかかってしまいま

す。病理学の仕事は死体の解剖が多く、当時の死体解剖は

素手で行っていたためいつもあらゆる細菌の危険にさらさ

れていました。特に結核患者が多かったので明治大正を通

して多くの病理学者が犠牲になったということです。

勝三郎もその一人。彼は癌の発生メカニズムを遺体解剖

から探ろうとしていたため、年間三百体の解剖、ほぼ毎日

していたことになります。結核は今は薬で治りますが、当

時は不治の病でした。ただ静かに療養するしか方法が無い

時代でした。勝三郎は仕事をしながらこの不治の病を克服

するため自分の生活を厳しく律し、養生しました。そして

他人に感染しないようにあらゆる注意を払った生活をしま

した。少し健康を取り戻した四十八歳の勝三郎はそれから

本格的に癌発生の実験にとりかかるのでした。その研究の

為の助手を募集しても誰も寄ってきません。

そんな中、北海道大学畜産科で学んでいた市川厚一と

いう青年が助手に名乗り出ました。こうして二人は昼

夜を問わず癌発生の研究に明け暮れたのです。それは

ウサギの耳にコールタールを塗って癌を発生させる研

究です。勝三郎が研究を始めて八年、市川と一緒に始

めて二年。「発癌には長い潜伏期間が絶対に必要だ」

の信念で時間をかけて地道に研究した癌発生の研究が

ついに完成したのです。「ガンが作れればガンは治せ

る」という考えから、世界初の人工ガンの発生実験に

成功した実在の病理学者山極勝三郎の誕生でした。

 大正四年、こうして発見された業績は世界中で話題

になり多くの称賛を得ました。ちょうど日本に一時帰

国していた野口英世は勝三郎に会いたいと申し出まし

たが、体調が悪く会えませんでした。野口は実験に使

ったコールタールに強く関心を持ちたくさんの質問を

市川にしました。そのことを聞いた勝三郎は「友遠方

より来るまた楽しからずや」と大喜びをしたのです。

 勝三郎はタールによる癌腫、肉腫の人工発生に関す

る論文を念願の「ウィルヒョウ宝函」に発表、病気の

勝三郎に代わって市川がパリで講演しました。

この研究は何回もノーベル賞候補に挙がったのです

が、昭和二年、別のガン研究者・デンマーク人のフィ

ビゲルが選ばれました。しかし当時からフィビゲルの

研究には疑いが持たれていました。そしてついに

三十五年後のアメリカの研究によって「フィビゲルの

研究はガンではない」と発表されました。だからこそ

よけいに勝三郎のノーベル賞受賞がなかったことが悔

やまれたのです。やはりそこにはまだ世界に認められ

ない日本人への差別意識があったといえるようです。

それは北里柴三郎や野口英世も同じでした。彼らも

素晴らしい業績は認められたもののノーベル賞には至

らなかったのです。そして「ノーベル賞にもっとも近

づいた日本人は北里柴三郎でもなく野口英世でもなく

山極だ」と言われたのです。しかし勝三郎は優れた癌

研究者に送られるユング賞という栄えある賞を受賞。

病気と闘いながら、生涯病理研究につくした勝三郎

は六十七歳で穏やかに死去しました。なお、死後の解

剖の結果、彼の肺結核は完全に治っていたそうです。

勝三郎は「曲川」として俳句も多数詠んでいます。

 ガン出来つ 意気昂然と 二歩三歩

あごなでて 怖くわないと 孫を呼び

 素晴らしく りっぱな門と 友笑ひ

 あばらやは またあの世でと 門だけを

『山極勝三郎の生涯』神田愛子著を参考にしました。

★★★★★★★★★★★★★★★★

【健康】〘早期発見で五年生存率八十%の膵臓癌〙

 今月は膵臓癌を取り上げます。二人に一人は癌という時

代。癌は誰もがかかり得る病気です。しかし医療の発展は

目覚ましく癌も治る可能性が高くなりました。それには早

期発見がキーワードです。今回取り上げた膵臓癌はもっと

も早期発見が難しく、治る率が低いと言われています。

 私にはそれを語る専門知識はありませんが敢えて取り上

げたいと思います。というのも四年前私の弟が膵臓癌で亡

くなったからです。ですから私も背中やお腹に不調を感じ

た時には「もしかして」の心配になってくるのです。

膵臓癌の早期発見を取り上げた放映がありました。広島

県尾道市では膵臓癌の早期発見が進んでいて、生存率が

七割~八割以上だということです。その検査の方法はエコ

(超音波検査)です。エコーはたいていの病院にあります。

ですからいつでも手軽に、安く検査が出来るのです。

しかし、エコーに一㎝以下の癌が写るわけではありませ

ん。癌になる可能性が高いことが分かると言うものです。

つまり精密検査が必要だと言う手軽な目安になるのです。

それは大阪国際がんセンターの田中幸子医師の研究チー

ムが長年の研究で発見した膵臓癌になる可能性の高い特徴

を見つけることです。この特徴とは

①膵臓の中の主スイ菅が太くなる。(膵臓で

できた消化液が主スイ管を通って十二指腸に行く)

②膵臓の中にすいのう胞という穴ができる。 

これら二つの特徴を調べることです。

これがあるからと言って必ず癌という訳ではないのですが、

癌になる可能性は高いのです。ですからこういう人は次に

MRICT、超音波内視鏡等で精密検査を定期的に受けてい

くと、一㎝以下の小さな癌が早期に発見され、生存率が高

くなるという訳です。この方法は今全国に広がっています。

 次の方は膵臓がんになるリスクが高い人なので、定期的

に医師にかかってエコー検査を受けるとよいという事です。

血縁者に膵臓癌の人がいる。(七倍高い)

慢性膵炎の人(十二倍高い)

糖尿病がある

腫瘍マーカーが高い

飲酒、喫煙、肥満の人

 特に血糖値が急上昇した場合は緊急に精密検査の必要。

膵臓癌の自覚症状として

➀みぞおちあたりに軽い痛みがある

➁背面(腰の上、肩甲骨の下)が痛い ➂血糖値が急上昇

➃油かかったような下痢(油分が消化できず下痢)

少しでも気になる方は患者の方からエコー検査をうける

ことを希望することも大切だということです。


[PR]

# by nizicanvas3 | 2018-11-29 21:18 | まんりょう

11月 393号 表面

【先人偉人に学ぶ】  

 ~生き地獄のような極寒のシベリアから、日本人に

よって救出されたポーランドの子供達の物語~

十月開催のモラロジー本部の概論講座を受講しました。

今回の特別講話は今最も信頼のおけるジャーナリストの

井上和彦氏。ファンの私はお会いできることも楽しみに

受講しました。テレビで拝見する通りとても親しみやす

い方で、ユーモアたっぷりの感動的な話に誰も感激。身

を乗り出して熱心に聞き入るという状態、大好評でした。

テーマは「日本が戦ってくれて感謝します」

第一次世界大戦で活躍した知られざる日本人の偉業と

シベリアのポーランドの孤児達を救った日本の話でした。

今月はポーランド孤児を救った日本の話を紹介します。

 ポーランドは大変な親日国です。ポーランドの大学で

は日本語学科が大人気。日本に憧れて日本の文化を研究

する若者が沢山います。俳句も上手です。日本に特別な

好意をもつ第一の原因は、ロシア革命後の混乱の中、シ

ベリアの地で苦境に陥っていたポーランドの孤児達を

(大正九年と十一年)二回にわたって日本が救出したことの

感謝です。かつてポーランドを支配したロシアはポーラ

ンドの独立に活動した人やその家族を捕らえ、政治犯と

してシベリアに送っていました。さらにポーランドはド

イツ軍とロシア軍が戦う戦場になった為、たくさんのポ

ーランド人が両軍に追い立てられて流民としてシベリア

に流れ込んだのです。その数、約十五万~二十万人とも。

 しかし、シベリアではたくさんのポーランド人がロシ

ア革命と内戦の中で生き地獄の苦境に陥っていたのです。

たくさんの孤児達が路上にあふれるという凄惨な状態

でした。そこでせめて孤児達を救って欲しいとウラジオ

ストクで「ポーランド救済委員会」が立ち上げられアメ

リカを初めヨーロッパ各国に依頼しますがすべて断られ、

最後の頼みの綱として日本に救いを求めたのです。

日本政府はその依頼を受けてすぐに救済を決意し、日

本赤十字社が早々に動きましたが、そこは過酷な戦乱の

中。孤児たちが無事救出できたのは他ならぬシベリアに

出兵していた日本陸軍の支援があったから成し遂げられ

たことでした。二回にわたって救出された孤児たち七百

六十五人。敦賀と神戸に入った孤児たちは栄養失調と恐

怖でおびえていましたが、日本人から手厚い介護を受け

ました。そんな不憫な孤児達に対して日本は官民あげて

温かく世話をしました。大正天皇夫人貞明皇后、皇族の

方々も温かい応援をされました。(貞明皇后はハンセン病の

予防など救癩事業や福祉事業、蚕糸業奨励等に尽力されている)

腸チフスにかかった孤児達を丁寧に看護した看護婦の

松沢さんがチフスに感染して殉職するという悲しい

出来事もありましたが、みんなやさしく孤児達を介

護し全員が元気になってポーランドに帰りました。

「これまでこんなに優しくされたことはありません」

「日本は天国です」、優しく世話をされた孤児達は日

本を離れたくないと看護婦さんのスカートにしがみつ

いて泣くのでした。そして出航の船の中で全員が

「君が代」を歌って別れを惜しんだという事です。

その当時の写真がたくさん残っています。

「日本にいつか恩返しがしたい」と思っていたポーラ

ンドの人達は阪神大震災の時も東日本大震災の時も

日本にたくさんの援助金を送ってくれています。杉浦

千畝さんがユダヤ人を救出できたのもポーランドの人

達の力添えがあったようです。

平成十四年天皇皇后両陛下がポーランドを訪問され

た時、当時の孤児達が両陛下に拝謁しました。

 今はもう孤児達は生きていませんが、その感謝の思

いは子や孫たちにしっかり伝えられています。だから

ポーランドでは「天皇陛下様」「皇后陛下様」と日本

の両陛下には必ず「様」をつけて話されるそうです。

それだけ日本の皇室は尊敬されているのです。

「ポーランド国民は日本に対して最も深き尊敬、最も

深き感恩、最も温かき友情、愛情を持っていることを

告げたい。我々はいつまでも日本の恩を忘れない・・」

とポーランド人は語っているのです。

ロシアとドイツが侵攻したポーランドは三回も国が

分割され、国が滅ぼされると言う悲劇を味わっていま

す。戦後共産圏にも入ったポーランドですが、民主化

運動で非社会主義政権が発足、共和国になりました。

先月号で紹介したバルト三国の人達と同様に、自由

と誇りを捨てないで国を守ったポーランド人、長い時

を経てもなお日本に感謝の念を忘れないポーランド人

今日本人が見習いたい心ではないでしょうか。

ポーランドの食事は日本の味とよく

似ていて日本人は食べやすいそうです。

 この話を詳しく知りたい方は雑誌

『歴史街道』20143月号に「シベリ

アからの奇跡の救出劇 ポーランド孤児

を救え!」で詳しく掲載されています。

 井上氏の本は『日本が戦ってくれて

感謝しています』日本人よ、自分の国を

愛しなさい! があります。私達日本人

が知らされなかったアジアの人達が称賛

する日本の本当の姿が紹介されています。

「ああ私達は日本の領土に戻ったのですね。」そういうと感激のあまり跪いて

泣き崩れる恒例のポーランド人たち。平成七年ポーランド大使館の兵藤長雄氏

が八名の元孤児を日本に招いたときの出来事であった・・・。

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

【放談】〘 言論の自由とは何? 〙

 「靖国神社小堀宮司が天皇陛下を非難した責任をとっ

て辞職」という報道がありましたが、とても違和感を覚

えます。宮司は天皇陛下が靖国神社を参拝なさらない事

に対する不満を漏らしたということでした。

えっ?天皇陛下について国民が自分の意見を言うのは

禁句なんですか?靖国神社の宮司には言論の自由は無い

のですか?言葉がきつかったとしても、そもそも宮司の

言葉が陛下への「非難」ととるか、「願い」と取るか?

皇室に対して平気で厳しい言い方、時にはバッシング

をしているマスコミがそんなこと言う資格があるのかと

私は疑問。敬語すら使わないアナウンサーが多いことに

呆れることがしばしば。敬語の使い方を知らないのか、

あれはわざと言わないのか、言わせないのかと疑う時も

しばしば。リベラル系はどんな悪態も自分がいう時は

「言論の自由」、保守系が語ると「ヘイトスピーチ、

差別」・・矛盾を感じています。おかしくないですか?

 靖国神社に天皇陛下が参拝して頂く事は多くの国民が

望んでいる事です。国の為に命を捧げた英霊に対して陛

下が参拝なされないことはおかしいし、悲しいと国民の

多くは思っています。しかし、陛下は参拝できないこと

を内心はお嘆きなのではないでしょうか・・・。

以前、米国のヒラリー国務長官が来日された時、靖国

神社参拝を希望されましたが、政府は断りました。それ

ならと明治神宮を希望されて参拝されたという話です。

 小堀宮司の言葉は神社の内輪の会議の席。主席者がそ

れを録音してマスコミに流す、まるで共産国みたい?

怖い世の中になっていこうとしています、桑原桑原!


[PR]

# by nizicanvas3 | 2018-10-27 11:07 | まんりょう

11月 393号 裏面

     〘 健康食の話 〙

 今回は少し変わった話題を書いてみたいと思います。

最近再び玄米を食べています。私が玄米に出会ったのは

五十年ほど前。当時教えていた剣道教室の子供の健康促進

から食事の研究に入ったのです。それは桜沢如一氏が考え

た「マクロビオティック」玄米を中心にした「食養」とい

うものでした。食べ物を通して説く自然の摂理の「無双原

理」の教えは当時学び始めていたモラロジーにも通じると

ころがあり、かなり興味深く学びました。当時桜沢氏はす

でに亡くなって、奥さまのリマ夫人とたくさんの愛弟子達

が全員活躍されていて、私はその方達から理論と料理を徹

底的に学びました。東京、大阪、京都等で行われていた食

養セミナーにもよく通いました。

河口湖で「七号食の合宿」に参加したことがあります。

「七号食」とは米と塩と水という神様の食事。味噌汁だけ

は付け加えられましたが、私の頭には美味しい食べ物が浮

かんでたまりませんでした。まさに餓鬼のような状態!

一日二回のその食事の合宿で富士山登山もしました。私

は初登山でしたが、頂上に一番に登りご来光を拝みました。

当時は体力があったのですね。登る時より降りる時が苦し

かった体験は今でも忘れられません。

食養の仲間にはモラロジーの方もたくさん学んでいて、

特に岡山県落合町の菱川さんには大変お世話になりました。

菱川さんは不治の病で入院中、病院食をランプでもう一

度よく炊き、一口二百回咀嚼して食べ完治させた方です。

西式の健康法も盛んで、モラロジー本部の講座生の間で

も結構流行っていたようです。健康は心遣いだけでなく食

べる事も非常に大切なのです。もちろん適切な運動も。

「食べた物が体をつくる」、治らない病気を食事療法によっ

て乗り越えた人達にたくさん出会いました。しかし元気だ

った私はあまり厳格に実践出来ませんでした。厳格にしよ

うとすると自分にも他者にもストレスが強く、トラブルが

生じます。玄米食の普及運動もした私ですが、よい事も適

当に取り入れることの必要を感じたものです。

数々の自然食、健康食の流派の中でもマクロビオティッ

クはかなり厳しいものです。健康に良いからといっても他

者への強要は絶対無理、そればかりか自分自身の実行すら

難しいのはモラロジーも同じだと思ったものです。

美味しいものにあふれたこの時代、そして食べることは

本能。楽しみと健康のバランス、難しいものです。

とりあえず大切な事は感謝してよく噛んで楽しく頂く

ことです。そして、玄米食をする上での注意点はとにか

くよく噛むことです。それにはおかずは少なく、一口ず

つお箸を置いてよく噛むのがよいと習いました。

あまりにも不健康な食べ物にあふれている現在、やは

り食べ物の素材も食べ方も考慮しなくてはなりません。

特に子供達、若い人達には体に良い食事で強い体、

生命力、基礎体力をつけて欲しいと願います。

 ※玄米・食養の元祖(明治時代)石塚左玄(医師・薬剤師)

 ※桜沢如一・思想家、著述家

 ※西式健康法・西勝造(工学系)の考案

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼

  「まんりょう」へのお便り 角谷さん(加古川市)より

いつもまんりょうを楽しみにしております。七月、八月

号は私の尊敬する土光敏夫さんの話で特に嬉しかったです。

私の姉は土光さんが社長在任中に東芝に勤めていて「東芝

は社長の出勤時間が一番早いのよ」と話していましたが、

土光さんの話をする時はまるで親戚のおじさんのことのよ

うに親しみを込めて語っていたのを思い出します。会社の

トップが贈賄や収賄でニュースを騒がしくしていた頃、父

と兄が「土光さんだって分からないよな」とボソッと話し

ているのを小耳にはさんだ私がそのことを姉に話すと、

「土光さんは違う!絶対そんなことはしない!」と断言し

ました。東芝の平社員である姉にまで信頼され、尊敬され

ているんだとその時実感しました。岡山市の生家跡に夫と

共に行きました。また青春切符を買って仲間の方と行った

こともあります。有難い思い出で、懐かしく感じました。

もう一つ印象に残ったことはモリカケ問題の記事、マス

コミで聞いているのとまったく違っていて、私達は間違っ

た情報で判断させられていると思いました。よく勉強して

正しい情報を載せていただけることも有難いと思います。

これからも楽しみにしています。ずーと続けてください。

           

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

【本紹介】 『こども学問のすすめ』斎藤孝著

「夏休みの宿題の読書感想文は何書くの?」「学問のすす

め」「へーそんなの読んでいるの。その本には何が書いて

ある?」「天は人の上に人をつくらず、人の下に人をつく

らず」「そうか、一生懸命働く人と怠ける人と給料同じで

もいいの?」「えっ!」と面喰い苦笑いの孫との会話。

彼が読んだ「学問のすすめ」は斎藤孝著『こども学問の

すすめ』(筑摩書房)どうやら津山市内の小学校で読んでい

るらしいのです。その元はもちろん福沢諭吉の書です。

まずは、ある方の「学問のすすめ」の解説を紹介します。

「人間皆平等とはいえ、世の中見渡すと賢い人、愚かな人、

貧しい人、富める人などがいる。そのような違いが生まれ

るのはただその人が学問をするかとしないかにある。まず

学ばなければならないのは日常に役に立つ実学である。い

ろは四十七文字、手紙の書き方、そろばんの稽古、さらに

地理、物理、経済等である」(「正論」七月号に掲載)

『学問のすすめ』は明治五年に初版が出版されて、次々と

追加されて完成したものですが、大人気で、十人に一人は

買ったということになるそうです。私の知人が岡山県北の

美甘という(山深い)村にもこの本が現存していると言って

いましたから、本当に全国で読まれたようです。

 当時の日本は欧米列強に植民地化される恐れのあった後

進国です。だから勉強して知識を得て、国を富ませること

が必須の時です。福沢は「自主独立の精神」を得るために

学問の大切さ、特に実学の必要性を訴えたのです。

 斎藤孝氏の解説から『学問のすすめ』紹介しましょう。

★賢い人とそうでない人の差は学ぶか学ばないかで決まる。

★自由とわがままは他の人の迷惑になるかどうかです。

★ただ食べることや住む所のために働くのは蟻と同じ。

★自分の為だけに頑張る人生はつまらないと思わないか?

★自分一人で日本の国を背負って立つくらいの気持ちで

世の中の為に働いてみなくてはならない。大きな目標を

もてば、少しくらい失敗してもくじけないんだ。

★しっかり言葉にして話すと分かりやすいし、人の心を動

かすものなんだ。言いたいことを一分でいえるようにし

よう。ポイントは多くても三つまでにまとめる。

★人間にはいろいろ欠点があるけど、人をねたんだり、う

らやむことほど大きな欠点はない。人をねたむと自分も

伸びなくなる。

★これで完璧と思っても実際にやってみると必ずたりない

ことがでてくるものだ。人は間違うので大事なことは

見直すようにしよう。

★信用されることこそが人生で一番大切。人から頼まれる

ような人になっていないと何の役にもたたない。

今の日本人に足りないものは、これだ!

肩書でなく、仕事の中身で勝負しろ

個人も国も、独立自尊の道を歩め

人の信用を得ることが一番の財産だ!

今こそ大人も

『学問のすすめ』が必要な時!

斎藤孝著『おとな「学問のすすめ」

 

💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛

【生活百科】〘 花便り マグロステンマ 〙 

春の花の種を蒔く時期です。特にお勧めが

「マグロステンマ」別名~麦なでしこ 麦仙翁(センノウ)

「アグロ()」「ステンマ(王冠)」で「畑に美しく

咲く」という意味です。麦畑の中に咲く雑草で

すが、ピンクの花がとても可愛い。七十㎝くら

いのひょろひょろとした茎でひ弱そうですがと

ても強い。育てやすい。そよそよと初夏に揺ら

れる姿に心癒されます。「蝶々みたい」と小さ

な子が感嘆しました。一年草で、種はどこでも

手に入ります。庭や畑の片隅にお薦めします。


[PR]

# by nizicanvas3 | 2018-10-27 11:05 | まんりょう

№392  10月号 表

   台風 豪雨 地震の被災地の皆様に

     心からお見舞い申し上げます。

      早い復興をお祈り申し上げます。

   

     〘 健康一番  〙       

あれー天井が動く!いやまわる!なんだこれは・・・

そこからめまいと吐き気の繰り返し。途方に暮れた夫が

インターネットで検索。どうやら三半規管に異常。

内耳にある石耳問題ということを見つけてくれ、受付

開始を待って病院に。しかしそこからも苦しい一日。

検査の結果、脳でもなく、メニエルでもなく、やはり

石耳の問題ということ。症状がなかなか治まらないので

入院。頭を動かすたびに吐き気とめまい、こんなに苦し

いなんて、こんな苦しみがあったなんて?!予想外‼

昨日まで超元気だったのに。やはり人生一寸先は闇。

何があるかわからない、とは本当・・。

家の前に総合病院があり、耳鼻咽喉科もあったことに

感謝。出張の多い夫がその日は家にいたことにも感謝。

 医師から原因は過労と言われたが、過労なんて恥ずか

しいくらい気楽な私だが、能力以上に頭の中は行事等の

思考で満帆。パソコンに集中する時間も結構多い。戦後

生まれも名実とも老化の域。私の体はオーバーワーク

だったのかと反省。「好きな事で身を亡ぼす」との

廣池博士の言葉が脳裏をよぎった。成程、そうだよね。

考えてみると近年毎年入院体験。狭窄症の手術。アキ

レス腱の手術。あげく石耳で入院。元気印の私も上手な

体の使い方に今後どうすべきかと思案する羽目に。

そして、よく考えると、子供の時から病気や怪我が本

当に多い私(かなりそそっかしいのが原因)。大学生の時は

アキレス腱切断と左の卵巣嚢腫で摘出手術(それでも四人

授かったが)、隋分親に心配をかけた。なんと親不孝か!

『考経』という書物に「身体髪膚これ父母に受くあえ

て毀傷せざるは孝の始めなり」~人の身体はすべて父母か

ら恵まれたものであるから、傷つけないようにするのが孝行

の始めである~とあるが、親孝行とは「体を大切に健康

で過ごす事」が一番。逆を言えば「健康に過ごしてくれ

ているという事そのことが、いや、生きているという事

が一番の親孝行」。「健康一番」、子や孫、家族や大切な

友が元気で過ごせている事を改めて感謝した機会だ。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

〘「まんりょう」へのメッセージの紹介 〙

七月号の「まんりょう」にテンプル・グランデイン

について書かれているのが嬉しくてメールをしました。

私は畜産関係の海外論文をきっかけに彼女について

知りました。彼女は自閉症の身で、家畜行動学の分野

では金字塔とも言える研究成果を上げました。

さらに全米の屠畜施設の確か半分以上が、彼女の設

計によるものだという驚くべき事実もあります。

 今も農業大学校の学生に動物の感覚について講義を

するとき、テンプル氏の話を必ずしています。彼女の

著書『動物感覚』も読むように勧めています。

また、田中久重のお話に興味を抱きました。(九月号)

老いても勉強の心を失わず、不屈の闘志でさまざまな

業績をあげていった姿に驚き、目の覚める思いがしま

した。これからも久重のような偉人を紹介して頂きた

いと思います。

   👉皆様の声をお待ちしています。♧♧♧

🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼🌼 

雑学・雑談・一言コーナー

●石耳の原因と治療、予防の紹介

◎原因は主に過労。運動不足も。

◎治療は特に無く、改善は体操のみ。頭をゆっくり左

右に動かすとか、歩きながら頭を左右前後に動かしま

す。平素から頸、肩の運動が大切です。

◎再発は二十年来ない人、再発のある人さまざま。

◎雑誌「スポーツマガジン社 健康一番 けんちい一五

 の「めまい、耳鳴り特集」に詳しく掲載されています。

●トマトジュースにはまっています。

トマトジュースは体によいと聞いていましたが、な

かなか飲めませんでした。暑い夏、アイス珈琲ばかり

はとトマトジュースにチャレンジ。何と美味しい!

再発見でした。「飲む点滴」といわれる甘酒も良いので

すが、糖質が気になる私にはトマトジュースがぴった

り。多少ジュースの味に違いはあるけど、どのメーカ

ーも美味しい。私は糖分や塩分無添加を選んでいます。

●茄子の冷凍・・焼き茄子の皮を剥くと冷凍保存可能。

ピーマンも必要な大きさに切って生で冷凍保存可能。

●大便って何から出来ているでしょう?三分の一が食

べ物のカス。三分の一が小腸などの粘液細胞の死骸。

三分の一がバクテリア(千兆)の死骸。(バクテリアは千種類)

●細胞の数の六十兆は古い?最近の発見では三十七兆。

その数値を並べると地球十五周(六十万㌔)

地球一周は四万㌔。細胞一個の直径は十ミクロン×三十七兆。

(大便と細胞の話題は永田和宏氏の『知の体力』本より)

  

♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦♦

 〘脳外科の狭窄症手術体験記の紹介〙

私の手術体験の話から「なぜ整形外科でなく、脳

神経外科ですか」と尋ねられます。「実は脊椎神経は

脳の仲間なので、もとは脳神経外科の範疇ですが、日

本に医学が入った時別れたのです」「ミリ単位以下の

繊細な神経や血管を扱う技術と最新の超高精度の顕

微鏡による医療は脳外科医の得意とするところです」

と説明しています。日本では現在3割の脳外科、欧米

では7割の脳外科で脊椎を扱っています。実は、日本

では医療関係者でもそのことを知らない人が大変多い

のです。「手術は怖い」「治らない」と嘆く人にお知ら

せしたいと私の体験の本を出版しました。医学は日進

月歩。ヘルニアや狭窄症等は簡単な手術です。治るも

のを治さずに苦しむのはもったいない話。早く辛い

日々から解放され、元気な人生を取り戻して頂きたい

のです。詳しくは私の体験記を参考にして下さい。

『脳神経外科の脊椎手術 頸と腰の狭窄症手術体験記』

    東京図書出版(1300) 書店、ネットで

💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛💛

      〘 遊びは主食 〙

先月号のまんりょうに「遊びは子供の総合学

習、体の栄養です」と遊びの効用と勧めを掲載

しました。ある病院に小児学会が作ったポスタ

ー「遊びは子供の主食です」を見つけました。

「スマホを置いてふれあい遊びを~子どもの遊

び場を確保するのは地域の大人の責任です」

こうして小児科医師が動き出すという事は今

の子供は本当に遊んでいないのだと思います。

なお、小児科学会のポスターには

①愛着形成(親の顔と声と手は赤ちゃんに

とって最高のおもちゃ)

②外遊び(五感や体力を育て、毎日が新し

い発見や体感の連続です)

③集団遊び(言葉や運動能力、社会性ルール

を守る。相手を思いやる心などが育つ)

④お手伝い(子どものやりたがる気

持ちを大切に、親子のかかわり

で生活能力、役立ち感を養う)

⑤生活リズム(子どもは遊びの

天才です。しっかり遊ぶと

ぐっすり眠り、よく食べる)


[PR]

# by nizicanvas3 | 2018-09-27 22:55 | まんりょう
line

モラロジー道徳の普及を目的にしたブログ


by nizicanvas3
line