人気ブログランキング |

<   2008年 09月 ( 8 )   > この月の画像一覧


役にたつ人

『まんりょう10月号 表面』より
「  役に立つ人  」
 最近とても大切な人を失いました。電気屋のkさんです。長い間大変お世話になって、すっかり頼り切っていましたから、その人がいなくなってこれから電気のことどうしょうと困っているのは、私だけでなく・・・とても大勢の人たちです。電気製品の購入だけでなく、電池ひとつでも、ちょっとした修理から、仕事以外の棚付け、ネジはずしにいたるまで、頼めば「いいですよ」と気軽に覗いて来てくれた本当に親切な方でした。そして小さな子供とも遊んでくれるとても優しい人でした。
知人と「困ったね、困ったね」と話しているのを聞いた家族から「お母さんたちはkさんが亡くなったのが辛いのではなく、用事が頼めなくなったのが辛いんだな」といわれて、はっとしました。
まてよ、私が困るのは用事が頼めなくなることかと改めて考えました。役に立つ人がいなくなるのが困るわけです。しかし、多くの人にいっぱい感謝されて、死を悼まれるのです。やっぱり彼は素晴らしい人、人となりを惜しむのです。
 八月号の『れいろう』「特集 実りある年を重ねる~人間は成長する・今井美紗子」(十七ページ)に次のような文がありました。「年を重ねて、人が寄ってくるには、教えるべきものをもっているか、あるいは人におしゃべりして感動させるようなものをもっているかだとよく言われるが・・・」という箇所があります。勉強会で輪読していて私も仲間たちも、自分にそんなものがあるだろうかと目に留まりました。
 人の役に立ち方、あるいは人の助けになる方法っていろいろありますが、必要とされる人になるって大切。嬉しいことだし、生きる気力が生まれると思うのです。
『千九郎語録』には「雨天の下駄、普請の足場、暗夜の提灯になるなかれ。一時的に形の上に役にたつことを自負して転落するを戒めるなり」とあります。心に留めておきたいことです。
「あなたがいるだけで周りが輝く・・」という詩があります。
直接的に役に立たなくてもあなたがいるだけで幸せと感じてもらえる。大切にされる、尊敬され、必要とされる、そんな人になれたらいいなと思います。
今の私の「いるだけで嬉しい」という一番の存在は孫たちです。ただ顔を見るだけでと
ても幸せを感じます。孫は何回あっても嬉しい存在です。特に赤ちゃんには大人に幸せを
感じさせる不思議な力があります。赤ちゃんは存在するだけで役に立っているのです。
失ってその価値がわかるもの、家族もいるだけで有難いものですね。

by nizicanvas3 | 2008-09-26 23:57 | まんりょう

心が救われる ビタミン愛

心を救うビタミン愛
モラロジーの本部受講から帰りに知人の家に立ち寄りました。トイレに入り小さな色紙に書いてある文を読みました。その言葉は忘れましたが、なんかとてもほっとしてきました。嬉しくなりました。心が癒される気がしました。
その家の壁にかかっているあべまりあさんの描いた大きな絵をみました。一休さんが子供たちと海辺で遊んでいる様子が描かれている絵でした。海の色のなんともいえない青さ、
子供たちと一休さんの可愛い、あどけない表情。素晴らしい絵にとても感動しました。はっと見入った絵でした。海に行きたいと思いました。海は疲れた心を癒してくれるのです。私は海が大好きです。海をみていると心が慰められ、癒され、元気が出てきます。
正しい言葉のオンパレードにいささか疲れて、心が萎えていた私はいますぐ海を見に行きたいとまで思いました。海で泣きたいと思いました。
津山に帰って歩いていると二人の男の子に出会いました。お兄ちゃんが弟に言っていました。「大丈夫」つっかけが脱げそうだった弟に優しい言葉で語りかけていました。「大丈夫!」
なのか「大丈夫?」なのか聞き取れませんでしたが、弟を気遣う優しい言葉と態度にはっとしました。そして無性に感動して涙がでました。
人の心を動かすのは正しさではなく、優しさだとあらためて感じました。優しい言葉や態度、表情に人は動かれます。勇気をもらいます。人を癒す言葉、優しい言葉は栄養剤です。
ビタミン愛です。ビタミン愛を感じないどんなりっぱな話も心に響かないとあらためて思いました。

by nizicanvas3 | 2008-09-20 23:46 | モラロジー

話を聴くということ

  まんりょう8月号 表面の原稿より
   
【子育て】「子供の話の聞き方とその意義」
コミュニケーション「意思の疎通」で一番大切なことは「話す」「聞く」ということでしょう。話を
聞いてもらうことのメリットを考えてみましょう。
話を聞いてもらうことで
①喜び。心が安定する。気持ちが楽になる。
②聞いている相手とつながりを感じる。
③話す人が話しながら思考の整理ができる
④話すことで解決法を見出すことができる
⑤話すことで勇気をつける
 等ですが他にあるでしょうか。
では相手が喜ぶ聞き方とは
①笑顔で聞く
② 積極的に聞く・・・うなづち
 つまり笑顔で頷きながら(目を見て)聞くことが最も話し手が喜ぶ、話が弾むということです。
 どんなに話術に長けた人でも、聞き手に笑顔がなければ話す意欲がなくなるという実験もあります。
話し上手は聞き上手から。聞くことは人の心を癒し、勇気付け、やる気にします。意思の疎通は絆をつくります。聞くことは最も人を育てる方法です。
 積極的に聞くとは
①合図地を入れる・質問、促しなどの含めて
②態度で聞く・・・身を乗り出して聞く姿勢
③同じ言葉を繰り替えす(オーム返し)
④気持ちを汲み取って聞く
こういう聞き方を試してみて下さい。きっと相手はもっと話したいと思うでしょう。もちろん子供も。
宮城県にある「森のイスキヤ」の佐藤初女さんのところには救いをもとめてたくさんの人が訪れます。
初女さんはただ美味しいおムスビと漬物て出して話を聞くだけ。自殺をしようとした人も翌日は元気に
なって帰るそうです。お米と漬物は日本人の魂の原風景でしょうか。身体を癒す美味しいものを食べて、
ただ聞いてもらってそれだけで人は救われ、元気をとり戻すようです。
「バリデーション」という認知症の方との会話方法が大変注目されています。相手をやさしく見て、
ゆっくりと本気で相手のいうことに耳を傾けることによって、認知症の方の心が落ち着いて元気になる
のです。そこには受容と共感、思いやり、相手を思う低い暖かい心がベースに息づいているようです。
「聞いている」と「聞いてもらっている」とは違うことを認識することが重要です。 

   まんりょう8月号の裏面は「モラロジー講座 品性とはEQ能力」を一面にわたって説明していましたが、うっかり原稿を消してしまいましたので掲載できません。その記事の入ったまんりょう8月号が必要な方はメール連絡、津山モラロジー事務所に連絡ください。0868-28-6498 
かなりよい内容を載せていました。申し訳ありません。メールはブログの「本の注文を開いていただけると載せています。

by nizicanvas3 | 2008-09-07 00:10 | まんりょう

9 月月例会の内容より 自分を知る エゴグラム

 9月の月例会より
女性部は毎月はじめに月例会というのをしています。それは今月の行事の確認、連絡をします。会のリーダー的、お世話をする立場の人たちの集まりです。
勉強は感謝の集いの昼間版ですからモラロジーの原点をしますが、新しい話題なども伝えます。先月は品性とはEQ能力である。EQ能力が品性のすべてではないけど、EQ能力が低い人が品性の高い人とはいえない。あり得ない。ということで自分のEQ能力をテストしてその話題に花が咲きました。EQ能力とは心の知能指数です。
今回は自分がどのような行動パターンをしているかを交流分析のエコグラムで調べました。とても楽しい学習会になりました。
CP NP A FC AC という五つの性格を分析して総合判断で自分をみます。
そのグラフをみて本当の今の自分、かつての自分を振り返ったりして深い勉強ができました。中でも紹介したいのがOさん。決して弱みをみせたり、悪者になったりしないで、誰にもものわかりのいい完璧な自分をみせなきゃと頑張っていました。そのことすら気づかずにストレスを感じないように頑張っていました。そのためよくお腹が痛くなって、それでも頑張っていましたが、体のあっちこっちに湿疹が出るようになり、そのことで苦しみましたがそれでも頑張っていたのです。しかしとうとう顔全体にその湿疹がでるようになって、あまりにみっともないので人前にでれなくなって気づきました。それはこちらの勉強会でしているスリーインワンでストレス解放をしているうちに気づいたのです。
 人前にでれないほどアレルギーがひどくなって初めて気づきました。自分が相当無理をして、いい顔して人に合わせ、気遣ってきたことを。もっとありのままの自分。かっこよくない自分を認めて、晒して、本音で生きるように、肩の力を抜いて生きるようにしたのです。そしたら湿疹などすっかり治ってしまったのです。
 Oさんは自分のエゴグラムを見ながらそんなことを話していました。本当の自分を知る。肩の力を抜いてありのままの自分を受け入れる。そうしたところに本当の人とのつながりが生まれる。どうしても合わない人に無理して合わせなくても大丈夫、それなりの付き合い方があるということを体験したのです。彼女の話はもっと具体的でした。とてもよい体験をしたんだな、そして一段成長したんだなと嬉しく思いました。

by nizicanvas3 | 2008-09-05 00:51 | 行事

お題目を唱える

  「まんりょう」9月号の裏面の記事より 
「 お題目を唱えて苦難を乗り越える 」
寒露を以ってそそぐに
熱を除いて清涼を
得るが如くならん
        妙法蓮華経授記品第六
 うぬぼれやエゴに凝り固まり、迷いや苦しみつまり煩悩業苦を繰り返しているのが現実の私達の姿です。しかしながら人は煩悩だけでなく、仏にもなれる素質、すなわち仏性を合わせもっています。この仏性に目を向ければ、仏の智慧と慈悲によって苦しみから逃れることができるはずです。
 日蓮聖人も信者にあてた手紙に「南無妙法連華経と唱えさせた給いしかば、一生乃至無始の悪業変じて仏の種となり給う」とお題目の功徳について述べておられますお題目を唱えることによって仏性が磨かれ、煩悩が菩提心へと変わっていきます。
 これこそが悩みの炎から逃れ、清涼を得る一番の方法ではないかと思います。真夏の暑い折にシャワーを浴びるのは気持ちよいものですが、そんな感じでしょうか。
 以上は「日蓮宗 本行寺 寺報えんじゅ」に載っていた一文です。苦難の心を克服する方法としてお題目を唱えるという方法は面白い方法と紹介します。お題目とは「祈りの言葉」「マントラ」といえばよいでしょうか。マイナスの思いにとらわれないで、とにかく一心不乱に念仏を唱える。昔からそのことで奇跡を起こす
話もあります。心を救うお題目、辛いとき、迷えるときには唱えてみるのもよいと思います。お経だけでなく「有難い」「ありがとうございます」という言葉は分りやすいお題目です。広くいえば歌を歌うこともマントラ、お題目といえるかもしれません。

by nizicanvas3 | 2008-09-05 00:26 | まんりょう

四柱推命と字と人生

「まんりょう」9月号の裏面記事より・(字の見本は省いています)
〔 四柱推命と筆跡と人生 〕
 私達女性クラブはよりよい学びのためにいろいろな学習を取り入れていますが、今回は四柱推命で自分を知り、筆跡書道で性格改善、問題解決の指導をされている田中知子氏による勉強会をしました。
参加者一人一人の四柱推命を前もって調べていただき、全体の話の中から各自の運勢をみながら理解していきました。
 四柱推命そのものはとても難しい勉強で、その一端しか理解できませんでした。理解できたことは次のことです。ただし四柱推命は統計学なので、全部が当てはまるということではないらしいのです。
以下内容を紹介します。
●私達には良いも悪いも宿命というものがある。宿命を変えることはできないけど心を変えること、考え方を変えること、対処の仕方を学ぶことで、災難を免れ、大難を小難に変えることはできる。
●宿命を知り、自分の運命を切り開いていく努力をすることで運勢を変えることはできる。そのためには自分を知ることがまず必須。
●どんな人にもよいとき、悪いときがある。悪いときでも心を明るく肯定的に受け止め、感謝の心で過ごすことでよい運勢に変えることができる。悪いことから逃げても何も解決できない。      
● 最も気をつけなければならないときは、うまくいっているとき。有頂天になると後は落ちるだけ。
●誰でも「空亡」という時期がある。(細木和子さんがいう大殺界)二年間あるが、この時期には新しいことはなるべく始めないほうがよい。引越しとか、結婚等が長続きしない、うまくいかないことが多い。その時期は台風の時期と考えるとよい。その時期は大地に根を張って成長への準備期。
吸収の時期。勉強の時期。
●人間には相性がよい関係と非常に悪い関係がある。それを知ると相手を責めず、自分も卑下しないですむ。世の中にはどうしてもあわないものがある。相性が悪い人とは、自分の心に波風が立つことが多いので、深く交わらないようにするか、相手が賢く対処して、心の中に不平不満のもとを作らないようにする。
●人を喜ばしていなければ自分が喜ぶことはやってこない。
● 人は自分と同じレベルの人と縁がある。
【問題がなかなか片付かないという人のために取り組むこと】
①家の中を片付けること。整理整頓、掃除をすること。
★特に玄関。玄関はお金の入ってくるところ。ぐしゃぐしゃ物を置いていると福の神は入り
にくい。玄関はすっきりと片付ける。
★トイレ、台所、風呂、などの水周り。倒産する会社、揉め事のあるところはトイレが汚い。
②人間関係をよくすること。人間関係がよいといろんな物が生まれ発展する。
夫婦仲良くすることが最も大切。一日一回パートナーのよいところを褒める習慣をつける。形からでも入ることが大切。
【健康の問題】
 心と体はひとつ。病気になるには三つの条件 ①不安 ②不満 ③怒り、この三つがそろうと必ず病気になる。
● 怒り、憎しみの感情は血管を細くする。
●深い呼吸をする。悩むと呼吸が浅くなる。悩むと息が詰まる。息を詰めると、詰めたところの血液の循環が悪くなる。
● いつも心を明るくプラスに保つことが健康になる秘訣。
【心を変える方法。行動を変える方法】
●どんなに努力してもザルで水を汲んでいてはよいものは残らない。よい結果を得るためにはよい結果を生みだす法則を知ること。
●ラッキーカラーを使う・・自分に少ないものを補うために自分を守るラッキーカラーを使うのもひとつの方法。 
●字を変える。
心の表れである行動を変えるにはいろいろな方法があるが、字を変えることが最も簡単に自分を変えることに役立つ。
☆ 心を明るく、大きくするには。
☆ お金、情報、よい気がたくさん入るようにするには
☆ 冷静、聡明な判断力を得るには
《字を明るく書く》明るい字を書くことで心身を苦しい方へもっていかない。
◇等間隔に書く字。  
◇つぶれ字を書かない。
◇安定のよい字を書く。
  ◇字を大きく書く・大きい字は運を運ぶ。
  ◇偏と旁をあけて書く・よい運気が入って流れやすくなる。
  ◇運気の入る字を書く。
◇運気のたまる字を書く。 
●●●自分の運気をあげる大切な秘訣・・運のよい人、パワーのある人のそばにいく。マイナスの運気の人の傍に行くとつられて自分の運気を悪くする。運の良い人と交わる。
●●●チャンスを逃さない。チャンスの神様は前髪しかない。あっと通り過ぎたときにはつかめない。まずはつかんでみる。それがよいものであると感じる能力を得るためには、等間隔の字を書く。頭がよく聡明な判断力を養える。
 ☆筆跡に関しては、筆跡診断関係の本、学んでいる人にお尋ねください。
☆田中知子氏に関してはインターネットのホームページ『祐香と書』をご覧ください。書道に筆跡を取り入れ指導す
る事で、さまざまなよい結果を生み信頼を得ておられます。
※「筆跡書道」という名称は田中先生の商品登録名です。
 自分の人生を切り開くには実にさまざまな方法があるものだと改めて思いました。それにしても幸福を呼ぶ心のあり方とは、誰が話しても同じこと、明るく肯定的、感謝と喜びの心で過ごすことの大切さをまた確認しました。

by nizicanvas3 | 2008-09-05 00:20 | まんりょう

まんりょう9月号 一面の記事 より

  『ブッダの母、麻耶夫人 愛で育む子育てのすすめ』
            益田晴代著 講談社 ¥一四00
 増田晴代氏は「母の愛」の偉大性に気づかれてその研究をされていました。そして聖人といわれる人を産み育てられた母親がどういう人であったかに強い関心をもつようになりました。
その代表としてお釈迦様の母親について調べに、何回も何回もインドやネパールなどに行かれ、「ブッダの母、麻耶夫人」を著作されています。素晴らしい子供を育てるには素晴らしい母親がいるということの最も分かりやすい見本をあらわすことが大切だと思われたのです。
★ブッダはネパールで誕生。釈迦族の浄飯王とその妃マーヤーの間に生まれた。母麻耶夫人(マーヤー)はとても美人で聡明で、心の美しい天使のような人であった。国民を大切に慈しんで過ごされた。結婚する前に九ヶ月の瞑想生活をされ、自分の使命~母親になって子供をりっぱに育てること~を悟られて結婚した。ブッダを懐妊したとき白い像が出て自分のお腹に入った夢をみた話は有名である。
麻耶夫人は妊娠中胎児に話しかけ、祈り、人々に尽くされた理想的な胎児期のかかわりをもってブッダを産んだといわれている。まさに素晴らしい胎教である。しかしブッダを産んで七日目に亡くなり、母の妹であるパティ夫人に育てられた。
パティー婦人には自分にも乳飲み子がいたが、母のいないブッダを可愛そうに思い、自分の子は乳母に預けて、ブッダを大切に、大切に育てられた。ブッダは二人の慈しみ深い素晴らしい母親に育てられたのである。
 だからこそあのような聖人といわれた偉大な人間が誕生したのではないか。ブッダは育ての親のパティー夫人に対して大変感謝し、愛し、孝養を尽くされた。しかし、産みの母への思慕の念も強く、それがブッダの人生観を形成したのではないか。自分の母はなぜ死んだのか、他の人の母は生きているのに。そのことがブッダをして「生老病死」の原理を説き明かす原動力となったのではないか。だとしたら麻耶夫人があのまま健康で生きてブツダを育てていたら「仏教」は存在しなかったのでは
ないかと思う。★★★
 益田氏は長年のブッダの母の研究から「ブッダと二人の母の姿から改めて母と子の通い合う心の波長こそ、心を育てる源であることを教えられた。改めて女性自身に与えられた命の育みへの誕生と使命とそして乳幼児へのかかわりの深さを考えさせられる」と結ばれている。熱心な仏教徒であった姑はいつもいやになるほど「お経のもつ威力を話されていました。子供が病気になったときも、家族が病気になったとき、・・・いつもお経を唱えると御利益があったと。今はそんな姑の教えをいただ
いたことに感謝していると書かれているのも面白い。★★★
 「理想の母親探しの旅」は道なき道、通信も不便な地域を手探りで、長い年月をかけて行う益田さんの情熱がにじみ出ている本、読み終えて深い感動が込上げてくる本です。

by nizicanvas3 | 2008-09-01 00:13 | まんりょう

まんりょう9月号 一面 教育者研修会報告

       まんりょう 9月号表面 
第四十五回 教育者研究会 
今年も全国の八十九会場で教育者研究会が開かれました。岡山の大会にはモラロジー本部研究センター研究員の宗中正氏と親学副会長益田晴代氏をお招きして有意義な大会でした。
 宗中正講師は宗武先生のご子息。(宗武氏は代々壱岐対馬の殿様。しかし博士の傍でお手伝いをしたいと広池学園に入られたと伺ったことがあります)
若い宗氏の講義は自分が得意とされているテニス、スポーツを通しての倫理道徳、人の育て方、特技の伸ばし方、モラロジーについて大変楽しく分かりやすく話されました。
話のテーマも珍しいものですが、今話題のサッカーなどのスポーツを引き合いに出されるなど、期待に胸膨らむ話の展開で楽しく、しかも深い洞察の講義でした。
 たくさんの内容でしたが、ゆとりを感じさせる講義にさすが育ちのよさ、生まれもった品格、血筋を感じました。
 親学の益田晴代氏からは人間教育の根本的である胎児期、乳幼児期の大切さ、そのとき親の愛情を与えることがどれほど大きな意味をもっているかを、さまざまな事例を通して話されました。特に胎児期によく話しかけた赤ちゃんはお産も軽く、心根の優しい素晴らしい子供に育つという話は感動でした。
 最後に話されたどんな子供でも親は決して見捨ててはならない。心の糸をきったらおしまいだという事例を通してのお話は特に感銘深いもの、考えさせれるものがありました。どんな状態でも産んだことの責任を果たす親の大きな義務があることを理解できました。
 お二人の話があまりに面白かったので、これは「まんりょう」の材料だと一生懸命聞いたのですが、いざ原稿にまとめようとするとその感動をどのように表現してよいか分からないという
有様です。
※親学とは・・親、これから親になる人に親として学ぶべきことを伝えるもの。急激な世の中の変化に対して子供をどのように育ててよいか分からない親が多くなり、また子供にもさまざまな問題が噴出してきました。そこで二千五年に「PHP教育政策研究所(高橋史朗主査)は、活力のある教育の再生を目指して学校、親、教育委員会を元気にする提言」をされ、提言のひとつである親学アドバイザーの育成を具体化するために親学研究会が発足したのです。さまざまな教育の専門家が集まって構成された親学を広め学ぼうとしている人たちが広がっています。
親学を学び、実践するための、また親学を指導するアドバイザー養成のためのテキストや講座があります。

by nizicanvas3 | 2008-09-01 00:05 | まんりょう
line

モラロジー道徳の普及を目的にしたブログ


by nizicanvas3
line