人気ブログランキング |

<   2017年 05月 ( 3 )   > この月の画像一覧


6月号 №376 表面

〘 小さな実行を続けて行う意義  〙 

かなり以前姫路の埴岡さんという素敵な方の道徳実行

の話を聞いたことがあります。その実行とは車を運転し

て家に帰った時、車の鍵を仏壇に置いてご先祖様に無事

に帰ったことを感謝、出かける時には鍵を置いた仏壇に

「行ってきます」と挨拶をしているという事でした。

当時、その話を聞いて、以来三十年ずーと

実行を続けておられる方がいます。その方は

「続けていると気付くことがたくさんありま

した」と話されていました

当時同じ話を私も聞き、実行してはみましたが、一日

に何回も車で出入りする私には「これは無理だわ」と短

い期間の実行でやめてしまいましたが、その方は続けて

いたのです。実行した三十年の軌道、しなかった私の

三十年、惜しいことをしたかもしれないと思いました。

モラロジーの格言集三十に「持久微善を積んでたゆま

ず」には「善行は一時的で長続きしないことが多く、

私達の品性を向上させるうえで力が弱い。たとえ小さな

善行でも持続して行うことによって大きな成果をもたら

す」とあります。つまりどんなに素晴らしい立派な事で

も、一時的ではよい結果をもたらすことは難しいのです。

 つまりどんなに栄養のある食べ物でも、まとめて一度

に食べてもその効果はなく、やはり毎日少しずつきちん

と食べることで身に付くのと同じで、寝貯め、

食べ貯めはできないのと同じ話です。

 月刊雑誌『朝礼』に「積み重ねる強さ」

と題して次の文が掲載されていました。

 小説家でナチュラリストのC・W・ニコルさんが日本

の学生達と南極に行ったとき体験して語ったことですが、

雪が激しく降り、一週間以上テントの外に出られない日

が続いたとき、そのような状況でも音を上げず頑張りぬ

くことができたのは、運動部に所属しているような体力

に自信がある人ではなく、毎朝起きるときちんと顔を洗

い、ひげを剃る人だった。そのような人は普段から髪や

服装も小綺麗に整えている。またマナーを心得ている人

も困難に強いとニコルさんは言われます。

何でもないような小さなことを実践できる人こそが

困難な局面を粘り強く頑張ることが出来る・・・ということです。◆

◆毎日の生活の中の実行はほとんどが小さなこと。しかも実行

すべきことは身の回りにたくさんあります。それを同時並行で実

行すれば長い人生には相当な量になるでしょう。

自分の人生を振り返った時、やったんだという誇りに思えるこ

とをたくさんしていきたいものだと、人生が残り少なくなった最近

特に思います。

 三十年遅れですが、私ももう一度車の鍵を仏様にお預けすることを始めました。

しかし、相変わらず出入りの多い日々、やはり朝夕だけの実行のようです。

    〘  本紹介  〙

『自閉っ子のための道徳入門』、タイトルにすごく興

味を感じて読んでみて感動しました。そしてこの本は子

育ての手引きとして誰も読んで勉強する必要がある、と

以前この「まんりょう」の紙面で紹介しました。

この子が社会に出て立派に生きていけるように親は

どう育てていくか、愛情いっぱいの厳しくも温かく取り

組む「社会の中で生きる子どもを育む会」の本です。

地元津山の大石明美さんが『自閉症の兄弟を育てたあ

る家族の流儀』(学事出版)の体験記を出されました。

息子二人が重度と中度の自閉症。ちょっと想像のできな

い子育て。しかし大石夫妻は子供達が社会の中でちゃん

と生きられるように明るく、愛情いっぱい、自律心、自

立心を養うべく厳しく、しっかり育て、現在二人の息子

は施設の中で働いて生活しているということです。

 大石さんは現在働くことの大切さを指導する療法の場

「じゃがじゃが」を立ち上げて活動されています。

健康の一、十、百、千、万

 一・朝起きて一杯の水

 十・十人の人と話をする

 百・百字の字を書く

 千・千字の文字を読む

万・一万歩歩く

  〘 日本人の心を導く渡部昇一氏の死を悼んで 〙

四月、渡部昇一氏が八十六歳で亡くなられた。訃報が報

道される直前に渡部氏の一番新しい本『この動乱の

世界で光り輝く日本人の生き方』を読んだところだった。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「今、日本はとても大

事なところに立っていて、渡部先生に先頭に立って日本の

あるべき姿を論じていただけたら、どんなに力になったか

と思うと本当に残念です」と語られたが、まさに「巨星落

つ」、日本のよきリーダーがまた一人亡くなられ残念だ。

氏は上智大学の名誉教授。英文学者だが、日本の文化や

歴史、政治、時事にも大変詳しく、多岐にわたる分野の著

書が大変多い。GHQの戦後政策の誤りを訴え、誇りや自

信を失った日本人に「日本は素晴らしい国だ」ということ

を常に発信されていた。私の尊敬していた大切な一人だ。

私は氏の講演会に三回ほど参加した。一回は呼吸の勧

めで有名な口腔科の西成克成医師の研修会で世界的名著の

『人間この未知なるもの』著書アレキシスカレル()

ついての講演だった。(その本の日本語翻訳者は渡部氏)

ノーベル医学・生理学賞をもらったカレルは心と魂の体

に及ぼす影響を説いた方、医者でありながら難病を治すル

ルドの水を紹介してフランスの医学界から排斥されたとい

う人。医学にも造詣が深い渡部氏の話に感動した私は氏に

お礼状を書いた。というのも亡き父が発行していた新聞

「日本」「世論」に何回も投稿して下さっていたからであ

る。その御縁で津山にも講演に来られた。氏は父の事をよ

く覚えて下さっており、大変な達筆の丁寧な返信を

下さった。私はその手紙を家宝として大切に保存している。

三回目は「致知」出版の講演会だった。皇室についての

お話だった。いずれも分かりやすい素晴らしいお話だった。

蓮坊氏の二重国籍の問題がある。その問題はまだあやふ

やだが、渡部氏の最期の著書には「なぜ国籍が重要か」の

説明があった。戦争中日本の放送局に東京ローズという女

性がいてアメリカの兵士の士気を欠く放送を流していたと

いうことで死刑になった。彼女は日本人だがアメリカ国籍

だった。日本人であってもアメリカ国籍の者がアメリカに

不利なことをしたから死刑になったのだ。歌手森山良子さ

んのお父さんはアメリカ国籍を取っていたが、日本国籍に

戻していたためスパイとは見なされなくて死刑にはならな

かった。日本人が日本の為にスパイをするのは当然だから

だ。歌手の李香蘭(山口淑子)も日本国籍だったから中国の

死刑を免れた。という氏の説明で国籍というものが

どれほど重要なものであるかを知って戦慄が走った。

 渡部氏からはまだまだ学びたいことがいろいろある。幸

いたくさんの著書があるので今後も勉強できるから有難い。



by nizicanvas3 | 2017-05-27 20:50 | まんりょう

6月号 №376 表面

〘 小さな実行を続けて行う意義  〙 

かなり以前姫路の埴岡さんという素敵な方の道徳実行

の話を聞いたことがあります。その実行とは車を運転し

て家に帰った時、車の鍵を仏壇に置いてご先祖様に無事

に帰ったことを感謝、出かける時には鍵を置いた仏壇に

「行ってきます」と挨拶をしているという事でした。

当時、その話を聞いて、以来三十年ずーと

実行を続けておられる方がいます。その方は

「続けていると気付くことがたくさんありま

した」と話されていました

当時同じ話を私も聞き、実行してはみましたが、一日

に何回も車で出入りする私には「これは無理だわ」と短

い期間の実行でやめてしまいましたが、その方は続けて

いたのです。実行した三十年の軌道、しなかった私の

三十年、惜しいことをしたかもしれないと思いました。

モラロジーの格言集三十に「持久微善を積んでたゆま

ず」には「善行は一時的で長続きしないことが多く、

私達の品性を向上させるうえで力が弱い。たとえ小さな

善行でも持続して行うことによって大きな成果をもたら

す」とあります。つまりどんなに素晴らしい立派な事で

も、一時的ではよい結果をもたらすことは難しいのです。

 つまりどんなに栄養のある食べ物でも、まとめて一度

に食べてもその効果はなく、やはり毎日少しずつきちん

と食べることで身に付くのと同じで、寝貯め、

食べ貯めはできないのと同じ話です。

 月刊雑誌『朝礼』に「積み重ねる強さ」

と題して次の文が掲載されていました。

 小説家でナチュラリストのC・W・ニコルさんが日本

の学生達と南極に行ったとき体験して語ったことですが、

雪が激しく降り、一週間以上テントの外に出られない日

が続いたとき、そのような状況でも音を上げず頑張りぬ

くことができたのは、運動部に所属しているような体力

に自信がある人ではなく、毎朝起きるときちんと顔を洗

い、ひげを剃る人だった。そのような人は普段から髪や

服装も小綺麗に整えている。またマナーを心得ている人

も困難に強いとニコルさんは言われます。

何でもないような小さなことを実践できる人こそが

困難な局面を粘り強く頑張ることが出来る・・・ということです。◆

◆毎日の生活の中の実行はほとんどが小さなこと。しかも実行

すべきことは身の回りにたくさんあります。それを同時並行で実

行すれば長い人生には相当な量になるでしょう。

自分の人生を振り返った時、やったんだという誇りに思えるこ

とをたくさんしていきたいものだと、人生が残り少なくなった最近

特に思います。

 三十年遅れですが、私ももう一度車の鍵を仏様にお預けすることを始めました。

しかし、相変わらず出入りの多い日々、やはり朝夕だけの実行のようです。

    〘  本紹介  〙

『自閉っ子のための道徳入門』、タイトルにすごく興

味を感じて読んでみて感動しました。そしてこの本は子

育ての手引きとして誰も読んで勉強する必要がある、と

以前この「まんりょう」の紙面で紹介しました。

この子が社会に出て立派に生きていけるように親は

どう育てていくか、愛情いっぱいの厳しくも温かく取り

組む「社会の中で生きる子どもを育む会」の本です。

地元津山の大石明美さんが『自閉症の兄弟を育てたあ

る家族の流儀』(学事出版)の体験記を出されました。

息子二人が重度と中度の自閉症。ちょっと想像のできな

い子育て。しかし大石夫妻は子供達が社会の中でちゃん

と生きられるように明るく、愛情いっぱい、自律心、自

立心を養うべく厳しく、しっかり育て、現在二人の息子

は施設の中で働いて生活しているということです。

 大石さんは現在働くことの大切さを指導する療法の場

「じゃがじゃが」を立ち上げて活動されています。

健康の一、十、百、千、万

 一・朝起きて一杯の水

 十・十人の人と話をする

 百・百字の字を書く

 千・千字の文字を読む

万・一万歩歩く

  〘 日本人の心を導く渡部昇一氏の死を悼んで 〙

四月、渡部昇一氏が八十六歳で亡くなられた。訃報が報

道される直前に渡部氏の一番新しい本『この動乱の

世界で光り輝く日本人の生き方』を読んだところだった。

ジャーナリストの櫻井よしこ氏は「今、日本はとても大

事なところに立っていて、渡部先生に先頭に立って日本の

あるべき姿を論じていただけたら、どんなに力になったか

と思うと本当に残念です」と語られたが、まさに「巨星落

つ」、日本のよきリーダーがまた一人亡くなられ残念だ。

氏は上智大学の名誉教授。英文学者だが、日本の文化や

歴史、政治、時事にも大変詳しく、多岐にわたる分野の著

書が大変多い。GHQの戦後政策の誤りを訴え、誇りや自

信を失った日本人に「日本は素晴らしい国だ」ということ

を常に発信されていた。私の尊敬していた大切な一人だ。

私は氏の講演会に三回ほど参加した。一回は呼吸の勧

めで有名な口腔科の西成克成医師の研修会で世界的名著の

『人間この未知なるもの』著書アレキシスカレル()

ついての講演だった。(その本の日本語翻訳者は渡部氏)

ノーベル医学・生理学賞をもらったカレルは心と魂の体

に及ぼす影響を説いた方、医者でありながら難病を治すル

ルドの水を紹介してフランスの医学界から排斥されたとい

う人。医学にも造詣が深い渡部氏の話に感動した私は氏に

お礼状を書いた。というのも亡き父が発行していた新聞

「日本」「世論」に何回も投稿して下さっていたからであ

る。その御縁で津山にも講演に来られた。氏は父の事をよ

く覚えて下さっており、大変な達筆の丁寧な返信を

下さった。私はその手紙を家宝として大切に保存している。

三回目は「致知」出版の講演会だった。皇室についての

お話だった。いずれも分かりやすい素晴らしいお話だった。

蓮坊氏の二重国籍の問題がある。その問題はまだあやふ

やだが、渡部氏の最期の著書には「なぜ国籍が重要か」の

説明があった。戦争中日本の放送局に東京ローズという女

性がいてアメリカの兵士の士気を欠く放送を流していたと

いうことで死刑になった。彼女は日本人だがアメリカ国籍

だった。日本人であってもアメリカ国籍の者がアメリカに

不利なことをしたから死刑になったのだ。歌手森山良子さ

んのお父さんはアメリカ国籍を取っていたが、日本国籍に

戻していたためスパイとは見なされなくて死刑にはならな

かった。日本人が日本の為にスパイをするのは当然だから

だ。歌手の李香蘭(山口淑子)も日本国籍だったから中国の

死刑を免れた。という氏の説明で国籍というものが

どれほど重要なものであるかを知って戦慄が走った。

 渡部氏からはまだまだ学びたいことがいろいろある。幸

いたくさんの著書があるので今後も勉強できるから有難い。



by nizicanvas3 | 2017-05-27 20:49 | まんりょう

6月号 №376 裏面

【先人偉人に学ぶ】〘インド独立と藤原岩市(F機関)

 東南アジア一帯は五百年もの間、白人の植民地でした。

奴隷のように支配され、搾取されていた国々は白人支配

からの独立を願っていました。それらの国の志ある人達

が日本に憧れ、秘かに日本に応援を求めて来ていました。

何故なら日本は強国ロシアと戦い勝利した唯一の黄色人

種だからです。先の大戦時、日本は東南アジアに進出し

ましたが、それらの国々の独立を助ける目的もありまし

た。結局日本は負けましたが、白人の国々と戦った

ことで、それらの国は次々と独立を果たしたのです。

だから「日本というお母さんは敗戦という難産をして

私達の国を産んでくれた(独立)」とかつてマレーシアの

マハティール首相は日本に感謝の言葉を述べています。

「日本は先の戦争で東南アジアに多大な迷惑をかけた。

東南アジアの人達を苦しめた」と私達はそう聞いていた

し、そのように理解していたのですが、ところがそうで

はないことが最近いろんな方の話から分かってきました。

もちろん戦争によって多大な被害を与えた部分もあり

ますが、しかしそれは多くの場合日本の攻撃ではなく、

日本人を攻撃する欧米の巻き添えになったのです。

平成十九年、安倍総理はインドを訪問し、インドの国

民軍を率いて日本と一緒に戦ったチャンドラボースの遺

族と会い大歓迎を受けたのですが、日本のマスコミは報

道しませんでした。その時ボースの子孫は「日本の人達

がボースの活躍を覚えていてくれるなら、私達インド人

も英国の植民地支配に抵抗するためボースがインド国民

軍を組織したことを支援したのが日本だったことを思い

出すべきだ」と語っていました。ボースは今でもインド

で「ネタージ」偉大な指導者と呼ばれ、インドの国会で

はガンジーやネルーの写真の上に飾られているそうです。

 そのボースのお墓は日本にあります。杉並区の日蓮宗

蓮光寺ですが、そこにはネルー(ネール)やガンジー首相

を始め、たくさんのインド人がお参りされています。

 ボースを支援して実際に動いた人が藤原岩市陸軍少佐

(兵庫県出身)。昭和十六年、いよいよアメリカとの戦い

が始まる時、藤原はインド独立の基盤を作り、マレー人

民との親善協力を促進する役割(スパイ業務)を命じられ

たのです。藤原は俊秀ではありましたが、このような特

殊任務を行う訓練は受けてなく、英語もマレー語もでき

ない素人。迷った末、命がけの任務に就いたのです。

藤原はこの任務に当たって、彼の部下たちに「日本の

戦いは住民と捕虜を真に自由にし、幸福にし、民族の念

願の独立を達成させる正義の戦いであることを感得させ、

彼らの共鳴を得るのでなくてはならない」「そのため★★

★には情熱と信念をもって、最も謙虚につつましやかでな

くてはならない。我々に大切なものは力ではなく信念と至

誠と仁愛である」と語ったのです。藤原のその言葉に五人

の部下は心より共鳴し、明治神宮に参拝し、その誓いを神

前に捧げたのです。藤原一団は戦闘部隊ではないので藤原

機関(F機関)と呼ばれていました。(機関は政治工作組織)

 当時インド人はイギリス軍に徴兵されていました。藤原

はインド兵にインドの独立の為に共に戦おうと呼びかけま

した。藤原のインドを思う熱い心に打たれた一部のインド

兵は日本軍に投降したのです。そしてインド独立の為に日

本人と共にイギリスと戦うことになったのです。藤原はイ

ンド兵に対して一緒に食事をしたり、差別することなく、

紳士的な態度で温かく接しました。人種差別観の厳しい白

人から受けた待遇とは雲泥の差の扱いにインド兵は感動し

て、インドの独立軍に入ってイギリスと戦ったのです。

 インドと言えばガンジーやネルーが有名ですが、

勇敢なボースをリーダーとしたインド国民軍の戦いが

あったからこそイギリスからの独立に導けたのでした。

この時の作戦の一つがインパール作戦です。イギリスは

十五万もの大軍で日本軍へ徹底攻撃を行い、日本は

大敗北をしました。ドイツとの戦いで疲弊していた

イギリスはなんとしてもインド独立を阻止するべく

国民軍や日本軍を全滅させる必要があったのです。

 インド独立軍を応援していた日本は戦争に負けました。

そして指導者ボースは飛行機事故で亡くなってしまいまし

た。その時、これでインド人を骨抜きにできると考えたイ

ギリスの前に武器をもって抵抗したのが、ガンジーやネー

ル達でした。彼らはインド独立を悲願として命をかけて戦

ったボースの志を継いだのでした。勇敢な日本軍と共に戦

うインド国民軍の姿にインドの人達は目覚めたのでした。

 終戦時、藤原はイギリス軍に捕らえられ、厳重な取り調

べを受けました。イギリス軍はなんとしても藤原を死刑に

しようとしましたが、藤原は一点の不正も働いてなく、毅

然と潔白を証明し、結局尋問は打ち切らざるを得なかった

のです。その時、水や食事を与えられず空腹と暑さと疲労

という過酷な状態の中裁判を受けなければならない藤原に

マレー人達はそっと食事を用意しました。マレーやインド

の人達はいろんな面で恩ある藤原少佐を助けたのでした。

 この話は津山市で開催された歴史家岡田幹彦氏の講演で

学んだ話ですが、初めて聞くことばかりの話、武士道の鑑

のような藤原の姿に感動して、概略ですがここに取り上げ

ました。なお、藤原はその後陸上自衛隊に入り、東京五輪

に第一師団長として協力しました。(七十七歳没)。参考に

岡田幹彦著『親日はかくして生まれた』(日本政策研究センター)

【健康】  〘 一刻を争う心臓のお話 〙

心疾患と脳血管疾患は日本人の死亡の二位、四位を占め

ていて、年を取る程気になる病気。(一位は癌、四位は肺炎)

最近、済生会病院脳神経外科医師達が主催されて

いる地域健康講座の「脳卒中、心臓病セミナー」を

受講したので報告します。(岡山市万富公民館会場)

💛心臓疾患 (岡山医療センター 宗政充医師の講話より)

ある日突然命を奪われるかもしれないのが心筋梗塞、

狭心症。それらは動脈硬化によって心筋に血液を送る

冠動脈が閉塞したり、狭くなる病気。

※心筋・心臓を構成する筋肉 

※動脈硬化とは全身に血液を送る血管(動脈)にコレステ

ロールがたまって血管の腔が狭くなった状態。

※狭心症は一時的な酸素不足の状態 

※心筋梗塞は血栓などで冠動脈が完全に閉塞し、

その先の心臓の筋肉が死んでしまう。

兆候としては胸の真ん中の強い痛み、肩や左腕、左内側

に痛みが放散。首、顎、歯、背中、胃、時には右腕にも痛

みが起こるときがある。胸は締め付けられる、胸に重い物

が乗っている感じ。息切れ、恐怖感、吐き気、嘔吐、

冷や汗、全身倦怠感、失神、昏睡状態の場合もある。

狭心症は数分から十分くらいで痛みが治まることがある。

心筋梗塞は二十分以上痛みが継続。安静でも寛解しない。

いずれも胸が痛くなったら一刻も早く病院に行くこと。

心電図の異常がなくても突然狭心症になる危険性が

ある。おかしいと思ったら心臓の検査をすること。

心疾患の要因として高血圧、肥満、糖尿病、高脂血症

(コレステロール値が高い)ストレス、たばこ等がある。

予防は食事、薬、歯科治療、運動。もしなってしまった

ら、それらに加えて投薬の遵守心臓リハビリを行う

 最近、心筋梗塞で緊急入院をした知人が数人いる。幸

い早い受診で、手首の血管からのカテーテル挿入の治療

で早く回復した。彼らは心電図に異常はなかったし、心

臓が悪いと自覚もなく、医者から指摘もなかったという。

ある人は数年来、左手の痛みがあり、左にしびれがひど

くなり、腕が抜けるようにだるくなったという。そんな

話を聞くと誰でも起こりうる病気だろうか。やはり情報

は知っておいた方がよいと思う。医療の進歩は目覚まし

い。手術も簡単になっているので早期発見に努めて欲し

いと語っていた。次回は脳卒中等について紹介。

《予防の食事》特に塩分(一日六gを目安)過剰に

注意。外食や弁当、加工品には塩分が多い。魚類性

脂肪や植物性油を取る。植物繊維をたっぷりとる。

抗酸化物質(ビタミンC、カロチン等)を積極的に取る。



by nizicanvas3 | 2017-05-27 20:45 | まんりょう
line

モラロジー道徳の普及を目的にしたブログ


by nizicanvas3
line